止まぬ独り言

ずっと茶の間の塚田担

20170918 MUSIC STATION ウルトラFES

もう冬まで音楽番組はないと勘違いしていましたが、ありましたね!Mステが!番組開始早々に観ることが出来てありがたかったです。A.B.C-Zの曲目は「Za ABC ~5stars~」でした。

 

 

自分は塚ちゃんの怪我のことを聞いてからこれまであえてそのことには触れてきませんでした。

怪我をして思うように動けないその姿を5周年の大切なステージの上でファンの前に晒さなければならない、こんな惨めなことがあるでしょうか。その辛さや不甲斐なさや孤独感(もちろん痛さも)と闘っているであろう人の邪魔を自分がするべきではないと思うんです。同情したり心配したり、そういう言葉はどれだけでも垂れ流すことは出来ますが、その人の代わりになれるのかということを考えたらそんなことはどうやったって無理なことですから。自分の経験上からも、怪我をしてただでさえ心がささくれているところへ「大丈夫?」と声を掛けられても余計に負担になるだけだったので(こういうのは自分だけかもしれませんが)、自分は塚ちゃんの怪我については特に感情を持たずにただ見守ろう、とだけ思っています。

ただひとつ。これは仕方のないことなのかもしれませんが、ファンの間で怪我の情報を最初から知っていた人と、ラジオで発表されるまで何も知らされていなかった人とで時差があり過ぎた(約一週間の差はあったと思います)のではないでしょうか。怪我というのは本来ならば絶対にあってはならないことなのでなるべく公にしたくないというのはわかりますが、SNSの世界は待ってはくれません。心配したいなら心配だけしていればいいのに、あっという間にみんながコソコソヒソヒソとバレバレの内緒話をしている状態になっているのが何とも気持ち悪かったです。

 ついでにもうひとつ。今回のことで自分が強く思うとしたらやっぱり、メンバーの誰よりもあれだけ安全に気を遣っていた塚ちゃんがこういう事態に追い込まれたのはなぜなのか、ということに尽きます。今回はアリーナとホールという広さの異なる会場が混ざったコンサートでしたが、トランポリンもそのままホールで使用していたみたいですし、そのあたりの違和感はなかったのでしょうか。原因がステージ構成なのか演者のコンディションなのかどの方向かはわかりませんが、「よりによって塚ちゃん」というのが問題なのはもちろん、塚ちゃんだからあの程度で済んだのかもしれないということも含めて大いに考えるべきことがあるのではないかと思います。

 

「全力じゃないんで」という塚ちゃんの言葉。完璧の状態ではないから自分に限っては全力も出せませんよ、そこんとこよろしくね、ということなのにみんなには通じなかったんだけど、それでも頑なに手でバッテンを作って「全力じゃありません」と言っていて、当たり前だけど塚ちゃん自身の中では怪我を負って中途半端なパフォーマンスをすることにずーっと全く納得なんてしているわけがないんだよなっていうことがよくわかる場面でした。あとは、北山くんの「怪我をしている時点で~」も「何で怪我なんかしてんだよざけんじゃねーよ」ということだろうし、その字面にソッコーで咬みつく河合くんもめちゃくちゃいい意味で頭が悪いし。塚ちゃんを思いやりながらプロレスがしたいのにぎこちなさ過ぎて、もっとちゃんと台本を作って練習しておけばいいのに(笑)と思いました。パフォーマンス自体は他メンバーが頑張ってアクロバットをやっていて形としてはA.B.C-Zの体を保っていました。塚ちゃんは全然大丈夫じゃないですけど。本当に大丈夫なら絶対初っ端でひと回りするか飛ぶかしているはずだし。塚ちゃんが笑顔を向けてくれる度に、「早くこんな地獄から抜け出そうな」っていう言葉しか浮かびませんでした。

 

心配も悲しみも泣きも責めもしません。今の塚田100%が塚田1000%に戻るのを真顔で待ち続けます。

 

 

20170917 みんなのKEIBA

お天道様、今日は自分の我儘を叶えて下さって本当にありがとうございました。今日のことは絶対に忘れません。

 

さて。自分の住んでいるところではこの番組は視聴出来ないのですが、数ヶ月に一回くらいの連休が今回取れたので、番組の視聴が可能な実家に帰ってしっかり塚ちゃんを観ました。

とにかく天気と馬場が気掛かりだったので今日はローズSの予想だけで手一杯でした。自分の馬券は、

ワイド ⑥−②⑤⑧⑯⑰  

で、一応的中しました。配当も悪くはなかったのでよかったです。

三着以内には必ず入るだろうという理由だけでリスグラシューを軸にしたものの、とにかく一着になりそうな馬を決めきれなかったのでワイドという判断になりました。あと、今回は荒れる予想のレースだったこともあって、結果的にはリスグラシューというよりは横山ノリさんを馬券に組み込んだことで助けられたのかなと思います。これで秋華賞がどうなるのか楽しみです。

塚ちゃんの予想は⑰−⑥−①でした。ファンディーナは人気馬だったのでまあ分かりますが、他の馬についても理由を聞きたかったなあ。でも予想コメントを聞くとやっぱりデータを重視しているのかなという感じがしました。ラジオ日本賞は見事的中でしたからね。サクラパパオーから三ヶ月以上経ち、競馬への熱量はどうなっているのかなと少し気になってはいましたが、まさかこういうタイミングでこのお仕事ということにまず驚かされました。塚ちゃんはお仕事の幅が広い分、そのひとつひとつにきちんと向き合うことでリターンも大きくなりますよね。こういううれしい連鎖反応を目の当たりにさせてくれるところも塚ちゃんの素晴らしさだなと改めて思いました。競馬番組ってちょっと忙しない雰囲気があるしコメントもコンパクトにしないといけないから、ビギナーズラック(笑)の塚ちゃんは緊張したのではないでしょうか。競馬番組に関わるタレントさんはたくさんいらっしゃいますが、男性陣はおっさんが多いので、塚ちゃんくらいの年齢層の男性が加わればちょっと新鮮味が増していいかもしれませんね。この番組に限らず、また競馬に関わる塚ちゃんをどこかで見られたらいいなと思います。塚ちゃんと一緒に馬券予想が出来て本当にうれしい楽しい日でした。

オヤスミの前に呟く 12

お天道様、

 

今週末、

関西あたりに遊びに行こうとしていらっしゃる台風18号さんのご機嫌を何とかしていただくわけにはいかないでしょうか。

 

陣営のこととかあのメンツのこととかを考えて田んぼ馬場でもいいのかと言われたら何の返しようもありませんが、

テレビ越しでも塚ちゃんと一緒に馬券予想が出来るのなんて一生でこれっきりかもしれないんです。

 

そりゃ今までもお天道様のためにマジメにやってきたつもりですけどね、

お天道様がお望みならもっとシッカリするようにしますし、

てるてるさんあたりに協力をお願いしてもいいってことでしたらそうさせて頂きます。

 

火曜開催は勘弁してください。

お願いしますお願いしますお願いします。

 

 

20170909 FNS 27時間テレビ にほんのれきし

古武道に挑戦し免許皆伝を目指すという趣旨のコーナーに塚ちゃん登場でした。鎌倉時代ということなので、居合か流鏑馬のどちらかだろうなと予想していた結果、塚ちゃんは見事に居合道を引き当ててくれたのでそれだけで自分の中で半分くらいは満足してしまいました。

俳優さんの殺陣で自分が好きなのは真田広之さん、滝田栄さん、藤田まことさん、くらいでしょうか。たぶんもっと昔の俳優さんで上手い方はたくさんいらっしゃると思いますが。滝田さんも確か戸山流の有段者ですよね。

 

自分が観て思ったことはおおまかに三つくらいです。見た目とかの感想は言うまでもないので省略します。

 

・塚ちゃんが使うなら刀よりも銃器の方が合うと思っていましたが、認定審査で観た塚ちゃんは刀がとても似合っていました。自分が塚ちゃんに希望するアクション仕事への夢が膨らみました。あと、日本刀はやっぱりいいなとつくづく思いました。ありがとうございました。塚ちゃんは会長のお店で小物(刀は無理だろうから稽古着とか)を買ってたりして(笑)。

 

・刀というのは神秘的でそれでいて危険なものです。向かう相手がいるとして、例えば拳銃は撃つのは自分ですが撃った弾が相手に当たった時の感覚が自分の肌に伝わってくるわけではありません。でも刀は相手を斬ればその衝撃は自分の手からしっかり伝わります。だから刀を扱う自身の精神力との闘いは常についてまわるのです。あの塚ちゃんの最初の葛藤場面は自分も観ていてずっと緊張していましたし、斬る場面そのものよりもむしろ納刀のところだけは最後までヒヤヒヤしました。納刀をするところを見ればある程度の実力はわかると云われます。藁を斬ることに使った集中力にプラスして納刀時の恐怖も重なるわけですから、あれをやり遂げた塚ちゃんは立派だったと思います。

 

・しかしながら泣きの二回戦。テレビなので仕方ありませんが、ああいういかにもテレビ的なおまけは自分は要らなかったかなと思います。師範が情状酌量するのは師範の勝手ですが、今回のことに限らずそういう特例を認めさせてしまう塚ちゃんのここ一番で決められない時って、そういうところが塚ちゃんらしいという意見もあるでしょうけれど、自分はいつも複雑な気持ちにさせられます。常に完璧に決めろという意味ではありません。ただ、真面目に一生懸命やっていたからとか、人柄がいいからとか、忙しいのに頑張ったからとか、確かにそのとおりだしそれで助けられることもあるかと思いますが、決められない度にそういう言葉を周りから言い訳のように使われてフォローされるのって、逆にツラいのではないか、ということです。決めるところを決めて、そこだけで「さすが塚田」としか言いようがない、裏に付随する余計なものなんかどうでもよくなるくらいに、もっとストレートに塚ちゃんを胴上げしたいのになと思いました。

 

今回の仕事はたぶん塚ちゃんにとっても印象深い内容だったのではないかと思うので、この仕事にどう向き合ったのか、真剣とともに過ごした貴重な期間のことをどこかで語ってくれたらうれしいです。

 

関係ない追記:

来週のローズS、めっちゃ頑張って予想するね!めっちゃ難しいメンツだけど!

 

 

20170820 シューイチ

この夏は夏バテも三割ほど、残りは仕事の煮詰まり案件のせいで精神的にかなり追い込まれていたように思います。仕事の殻に閉じこもるのは自分の悪いクセですが、苦しみに浸かりきったところから生まれる閃きやアイデアは自分にとって仕事の醍醐味であり支えになります。

何せがんじがらめの状態だったので塚ちゃんに思いを馳せる時間こそ少なかったものの、自担には自担の闘う場所があり、自分にも自分の闘う場所があります。それがたまらなくうれしいなと今年は特に感じた夏でした。って、コンサートはまだ続くからオレたちの夏はまだ終わらないんですよね。

 

ではようやっと本題です。

「まじ★すか」コーナーに塚ちゃん登場。初っ端から出演目的をハキハキと話し始めました。ABC座の告知!わかりやすい(笑)。

同期の中丸くんと三本勝負、スタジオにはこれまた同期の亀梨くんがいました。

KAT-TUNはいろいろありましたけど、こうやってメンバーそれぞれの話し方や佇まいを改めて見ていると本当に落ち着いているなと思います。デビューしたからといって順風満帆とは限らないのはジャニーズ全体をみてもわかりますが、KAT-TUNは突出してドラマチック(と言うと語弊があるかもしれませんが)な歴史を綴っているグループですよね。漂う修羅場感がある意味で魅力的なところかとも思いますが、充電期間の今、残ったメンバーがどうやってグループを再構築していくのかがとても楽しみでもあります。自分がKAT-TUN担だとしたら、グループの不安定な状況を感じさせないように、要らぬ心配をかけないように振る舞うメンバー個々人の強さを誇りに思うと思います。

 

こういうグループ(とメンバー)と比べてしまうと、いつか塚ちゃんがダ・ヴィンチで言っていた「本当に悔しいことはこれからくるような気がする」という言葉が突き刺さります。まず前提としてキャラとか個性とかいうのもあるので単純に言うのもおかしいのですが、隣に並ぶ中丸くんにはもうそういうことを経験したであろう余裕すら感じられます。塚ちゃんはこの一年で絶対に強くなったはずだけど、まだ井の中の蛙の範疇なんだろうし、たぶん塚ちゃんにとって本当に悔しいことっていうのはまだ塚ちゃんには訪れていないんじゃないかなと思わせられます。でも、悔しいという感情は一時はマイナスになっても、そこからいくらでもポジティブな方向に転換出来るものだと思うので、たとえ本当に塚ちゃんが悔しいことに出会ってしまったとしてもそれについて心配したくありません。KAT-TUNも最終的にどうなるかわかりませんが、少なくとも今まではそうやって乗り越えてきたはずです。

 

そうだとすると。塚ちゃんはこれからもっと強くなるしカッコよくなるということじゃないですか?

 

スタジオでも盛り上がっていましたが、塚ちゃんツーも塚ちゃんスリーも実現して下克上を成し遂げる塚ちゃんが見たいし、その度に中丸くんと並ぶ塚ちゃんの変化・進化の過程も見たいです。同期同士で息の長い活躍が出来るといいですね。

20170802 FNSうたの夏まつり アニバーサリーSPECIAL

曲目は「Reboot!!!」と「Summer上々!!」でした。

 

・新しい衣装でしたね。ベルトが白いだけでみなさんが呟いていたようにホストっぽく見えてしまう不思議さがありました。特にそれ以上の印象はありませんが、この衣装で歌うReboot!!!はReboot!!!っぽくなくてリブートっぽいなと思いました。

 

・最近テレビで観る五関さんの表情はとてもいいなと思います。作っている感じでもなく自然にいい感じ。平和です。

 

・塚ちゃんは元気だったんだろうか。シュッとしたかったのかな。ちゃんとしようと思って頑張ってただけのかな。歌番組によって終始ニコニコ笑顔だったりカッコつけようとしていたり、塚ちゃんなりの工夫がみられるのはいいことではあるし、またこちらにそれがダイレクトに伝わる時ももちろんあります。でもたまに今回みたいな、振る舞いこそアイドルらしくしているけれど楽しいのかスカしたいのかよくわからない(がっついてないという言い方になるのかな)表情の時もあって、そういう時はちょっと観ていて不安になります。

そこへいくと河合くんはいつも同じ。曲による表情や振る舞いの変化があるのは当たり前だけど、歌番組によって雰囲気が違うということが一切ありません。だからいつも安心して観ていられます。そうかといって別に塚ちゃんに河合くんみたいになってほしいとは思っていないんですけどね。タイプの違うサイボーグアイドルだからこそ同じグループでやっていけるわけですから。

 

・全体的には少し物足りなったでしょうか。小さくまとまっちゃったなという気がします。あの衣装ありきでの内容なら仕方ないかもしれませんが、ファンしか観ていないような時間帯だけではなく、こういうゴールデンタイムでも積極的に早替えとかのエンターテインメント要素を取り入れて欲しかったなと思います。

 

これから冬までは歌番組ってないですよね(少クラはありますけど)。茶の間の民としてはやっぱりもっとテレビで歌っている姿が観たい観たい観たい。

 

A.B.C-Z 4th アルバム 「5 Performer-Z」雑感

いよいよコンサートも間近なので(例のごとく行きませんというより行けませんが)その前に今回のアルバムについての感想を軽く記しておきます。

 

・曲総合

リード曲が「テレパシー One! Two!」なのと最後の曲が「Reboot!!!」なのがひとつのポイントだと思うのですが、この二曲の力強さで全体がグッと引き締まる感じがします。コンサートでパフォーマンスを観たいのはやっぱり「Reboot!!!」。それから「テレパシー One! Two!」と「Endless Summer Magic」です。ボーナストラックの「Lily-White」は「Vanilla」と雰囲気が似ているのでわりと人気があるようですが、自分は「Vanilla」が苦手なので何とも…。それからちょっとよくわからないのが「ドキナツ2017」。中学生くらいの子が妄想する初めてのデートって、そこそこおっさんの部類に入るようなグループ(はっしーゴメン)になぜこのテーマが与えられたのでしょうか(笑)。

個人的な曲の好みはありますが、全体的なバランスも良く飽きないようには作られているし、実際のパフォーマンスを早く観てみたいと思わせるような内容だと思いました。

 

・ソロ曲

今回自作の曲を発表したのはとっつーだけです。今回のアルバムの特設サイトのメッセージを読んでみて、「特に何もアイデアがなかったところへスタッフさんからの提案があって」みたいなことを何人かが言っていたのが意外だったというか、がっかりしたというか、「何も考えていなかった」ということがショックでした。塚ちゃんの場合は今回は再びリカちゃんの登場になりましたが、そのリカちゃんまでもあっさり他人の手に委ねてしまっています。昨年の塚田ソロは物議を醸しましたが、それでも、その時の塚田僚一を精一杯表現しようとしてくれたのがうれしくもありました。インパクトがあってパフォーマンスとして盛り上がりやすいのがリカちゃんだというのはわかるんですけどね。五周年の記念アルバムで全力でやりたいことがコレなのかと。「リカに逃げやがった」とまでは言いませんしリカちゃんを否定はしませんが「あ~またリカに持ってかれるのか」くらいには残念に思いました。

 

・特典映像

とにかく「エビ-1 グランプリ」が素晴らしい!これをシリーズ化してほしいくらいです。特にとっつーが全般的に良かった!弁当も一番ウマそうだったし、気合いもよかった。とっつーはジャニーズで一番正拳突きが似合いますよね。

…ですが!やっぱり!

塚田僚一の転回跳び!

完全にお宝映像ですよね!塚ちゃん本当にありがとう!あの転回跳びを心に刻ませてくれてありがとう。

 

ラジオもありましたね。自分も昔は深夜ラジオばかり聴いていて、現在もその名残で深夜の馬鹿力はよく聴いています。そういう自分が聴いていて一番良かったのは意外にも五関タイムでした。ごっちには毒を吐くラジオが似合うはずだとずっと思っていましたが、まったりした語り口もいいですね。五関さんの番組なら、日常のどうでもいい話でも延々と聴いていられそうだなと思いました。塚ちゃんのもなかなか凝っていて面白かったです。ちょっと深夜ラジオっぽくしたかったのかもしれませんが、本気でやると放送事故みたいになるからあえてだぁくねす様でお茶を濁したのでしょうか(笑)。

 

 

CDデビューをしてからこれまでに発売された3枚のシングルCDの曲がどれも素晴らしいので、自分の中ではこのアルバムの目新しさよりもどちらかというとそちらの方に気持ちが向くのですが、デビュー五周年に発表されたこのアルバムには、スタッフのみなさんの熱量とか、A.B.C-Zの愛らしさとか、五人それぞれがひとつひとつの曲や企画に向き合った姿や思いが詰められていますから、そのこともしっかり受け止めて、愛していかなければいけないなと思います。

 

しつこいですけど、塚ちゃんのちゃんとした転回跳びを観ることが出来てうれしかったです。あそこでそのチョイスをしてくれた塚ちゃんが本当にオレの塚田で最高でした。