止まぬ独り言

ずっと茶の間の塚田担

A.B.C-Z Early summer concert からただいま①

入ってきました。簡単に感想を分けて書きます。

 

これはイイ!と思ったところ

①Overture

メンバー全員が、今行くからね!という感じで会場に向かって来てくれる映像。みんなカッコいい!こちらのテンションも上がらないわけない。

②メクルメク

ここで初めて中央ステージに移動して黄色い声がさらに増しました。エンターテインメント性にあふれていて、これから何か楽しいことが始まる予感でいっぱいの曲。アクロバット構成もこれが一番いい。これこのままで紅白もいける。エンドロールもこの曲でしたが、コンサートの楽しい雰囲気や余韻が残されていて本当に好きです。塚ちゃんの汗が尋常じゃないです。汗かきながら動くのって結構ツラいと思います。

A.B.C-Z LOVE

これをやらなきゃ始まらない。塚ちゃんのアドレナリン全開メラメラダンスからのズンズンタンツカの表情の違いが面白いです。あのメラメラダンスはまたどこかでやってほしい。

④どこまでHAPPY!!!

映像と本人たちの動きが組み合わされた楽しい仕様でした。映像の中の5人の表情がどれもかわいらしい!あの映像はあの場だけでもうどこかで使ったりしないのでしょうか。それともすでに使われたでしょうか。フォトブックにも載っていないし。もったいないです。

⑤Like A Blow & My Life

どちらもかっこいいダンスナンバー。編曲が素晴らしいのでこれが実は2曲の合体だと言われてもわからないくらいです。ここで塚ちゃん飛ばしがありましたが、ステージの奥で地味過ぎてスクリーンに映らなければ何をやっているのかわからない感じなのが惜しい。

⑥SPACE TRAVELERS

トロッコをロケットに見立てたんですよね。ジャニーズのコンサートにトロッコは付き物ですが、トロッコに乗った途端にカリスマ感とかスター感がUPするから不思議です。まだ曲が終わっていないうちから着替えを始める塚ちゃん。もう塚ちゃんの着替えは上半身を隠さなくてもいいのでは…。

⑦未来は明るいかい?

ソロで一番好きかもしれません。イントロのアガる感じ、振付け(やったの舘くんですよね?)、他メンバーによるコーラス、最後のテキトーな終わり方、全部いいです。他4人はあのとき何を考えていたんだろう。塚ちゃんは自分だけベストのボタンを閉めていないし、登場のときの表情もひとりだけ作りこんでたし、中央に来てからひとりだけ上の方見てるし、とにかく何度観ても飽きないです。

⑧DARKNESS(LOVEです☆ver.)

初めて通しで観ました…。河合くんのソロとはまた違う手法で、飽きさせない、ストーリーと世界観がしっかり練られたソロでした。塚ちゃんが総合プロデュースしたコンサートも観てみたいです。連続バク転はたぶんこれからもやり続けるんでしょうけれど、リカちゃんの恰好でやっているので何となく説得力がないというか、まあ、あまり深刻な記録挑戦という感じにしたくないのかなとも思うのですが、やっぱり塚田僚一がガチで挑むアクロバットとか、ちょっとした格闘アクションが観たい。

⑨5Doorコーナー~Za ABC~5stars

大技です。あんなに動き回った後でコレとか、もうドMの極みを感じます。A.B.C-Zの真骨頂…なんだけどなあ。

⑩Snow Man

信頼と実績のSnow Man。A.B.C-Z×Snow Man が大好きです!

 

次記事で、こうしたらイイ!と思ったところと総評を書きます。