読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

止まぬ独り言

ずっと茶の間の塚田担

20160411 キスマイBUSAIKU!?芸能人モテ技大公開SP

時々観たことがある番組だったのでシステムはわかっていたのですが、わざわざ進行に局アナさんを使っているせいか、キスマイの番組なのに本人たちの存在感があまりないな~といつも不思議に思っていました。で、これに塚ちゃんが参戦するというのが全くピンとこないまま本放送を観始めました。

今回はスペシャルだったので、塚ちゃんの他にもゲストがたくさんいらっしゃいました。そして課題は全部で4つ。

 

まずは「激ムズパーキングでカッコいい駐車」。自分は車の運転が下手なのはそもそもダメなので、下手なくせにただでさえ危ないこういう場面で無駄口叩きながら運転されると腹が立つから自分は全員ナシ!イライラするくらいなら自分が代わりに駐車するだろうな~。でもしいて言うなら、石田さんがもっとスムーズに駐車出来ていたら石田さんが良かったかな。変にキュンキュンすることを言われるよりはああいうテキトーなしゃべり(例えエロトークでも)の方が楽しくていいです。

お次は「彼女のためにサッと作る10分パスタ」。北山くんのいちごのパスタは珍しいから逆に食べてみたいかもしれません。全体的に良かったのは宮っち!食べてみたいのは馬場ちゃんのかな。カフェ風の盛り付けというのは食欲がわかないから宮っちくらいのがちょうどいい。馬場ちゃんのは単純においしそう。

それから「思い出に残る誕生日サプライズ」。自分はサプライズもあまり好きじゃないな~。サプライズする側なら相手に喜ばれるよっぽどの自信がないと出来ないし、されるのも恥ずかしい。自分が海外にいた頃は、その土地のみなさんは誕生日に自らケーキを焼いて振る舞ったりして生きていることを逆にみんなに感謝するという感じだったので、それがとても新鮮で素晴らしいなと思っていました。話を戻しまして。陣内さんのはただのキザだし、小沢くんのは指示される感じが面倒。二階堂くんのは他人の手を煩わせているのが負担。藤ヶ谷くんのは自分発信の他人任せ。なので結局一番は宮っちかな。プレゼントとしては、するのもされるのも、何かちょっとしたお揃いのものがいいです。それが毎年でも、どんなにダサいものでもよし!

さあ最後は、それまでおとなしくしていた塚ちゃんがすべてをなぎ倒していきますよ。お題は「DIYで彼女の部屋をおしゃれコーディネート」!自分は部屋にあまりモノを置きたくないので、殺風景な部屋は大歓迎なんですけどね…。「女性のハートを掴むのは…塚ちゃんです!」と意気込みを披露したのはいいものの、仕上がりが…アレですよ(大爆笑)。だいたいがイケてない中学生がやっていそうなインテリア。でもコンクリートブロックのあたりは中二病を発症した中学生がやりそうなヤツですよね。でもバランスボールの収納は斬新だけどなるほどなと思いましたよ。一応道具は整理整頓がされているし。ブーブー言うスタジオのみなさんに「結構考えたんですよ!」と必死に反論する塚ちゃん(笑)。まあ普通にいい感じのインテリアにしちゃったらつまらないですし、筋肉キャラに合わせて考えたんでしょうけれど(もちろん一緒に運動をしたい願望もあると思います)、トレーニング仕様じゃなかったらどんな感じになっていたのか、というよりは塚ちゃん自身の部屋は実際どんな感じなのか全く想像がつかないのでちょっと気になりました。あとはやっぱり塚ちゃんお手製の日めくりトレーニングカレンダーですよね!塚ちゃんの書き言葉とか文字も大好きなので(今年のカレンダーも片方は塚ちゃん手書きのプロフィールにしています)、みなさんの意見と同様、めちゃくちゃ商品化してほしいです。コンサートグッズになってしまうと買えないと思うので、次のシングルかアルバムに付けてくれたらいいな~。紙モノだからそんなにコストはかからないだろうし。

 

それにしても何でこの番組に呼ばれたのか気になるな~。少クラとは土俵も番組の質も違いますし。冒頭で書いたように、番組の初めはピンときていなかったけど、何か、キスマイの方がセールスは断然上だしデビュー組としては先輩なのに、塚ちゃんの方がワイプだけでも完全に芸能人オーラがあったし、自分がもしキスマイのメンバーであの現場にいたら戦々恐々としていたんじゃないかなと観終わって思いました。切磋琢磨とはいえ、厳しい芸能界で生きていくには、同じジャニーズでもきっといろいろな闘いが表には出なくても個々の内に静かにうごめいているんだろうなと思うと、こちらの心もざわざわしてくるような。そういう面でも今回は面白かったです。