読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

止まぬ独り言

ずっと茶の間の塚田担

20160731 シブヤノオト

これは不定期放送(でもだいたい2ヶ月に1回なのかな?)で若者向けのくせに開始時間が夕方5時という何とも中途半端な歌番組ですが…しかしA.B.C-Zの仕事って、そんなに事前告知が難しいものですかね?これだって、観れてない録れてない人がいっぱいいると思います。自分もツイッターをチェックしていなければわかりませんでした。観てほしいならばちゃんと素早く告知をするべきだし、A.B.C-Zを好きな人に大切なことが伝わらないってどちらの側に立っても損にしかなりません。

 

さて、今日の曲目は「今日もグッジョブ!!!」と「Take a "5" Train」のメドレーでした。グッジョブはテレビ初披露でしたね。トークだけ生(はっしーはソロコンだから不在)、歌部分は朝6時からの収録。アイドル(というか芸能の世界)に朝夜関係なし!

 

司会は徳井義実さんと、A.B.C-Zとチェリーズで共演した清水富美加ちゃん。塚ちゃんの若干尺を長く取ったゆっくりバージョンの自己紹介でスタジオも和みました。そういえばJWebの塚ちゃんの連載が始まりましたね。新しい自己紹介の仕方を求めているようですが、もう少しどんなものがいいのかある程度の方向性を提示してくれないとちょっと考えづらいかも。今の自己紹介は飽きられていると思っているのか自分が飽きたのか。たとえもう世間に浸透しきっているとしても、このフレーズを貫いた方がいいと思うんですけど、どうなんですかね?

 

今回は徳井さんがメンバーに混じってダンスとバク転に挑戦ということで、バク転は塚ちゃんの補助付きでトライしていました。最終的には徳井さん込みで「Take a ~」のダンス(と補助付きバク転)が成功!最後の5starポーズははっしーと徳井さんが合体?したバージョンになっていました。これが日にちをまたぐくらいの時間まで続いたそうでです。コンサートの時期は特に体力勝負の日々でしょうし自己管理がますます大変だと思いますが、無事に乗り切ってほしいですね。

今回の衣装はまたしてもABC座での白の羽フワフワ。だからもっとラフな衣装でいいんですけど、何であればっかりなんですかね?と言いつつもあれはわりと侮れない衣装で、ちょっと遠目だともう、オルゴールを開けると小っちゃい5人が真っ白な衣装で踊っているみたいな感じにすごくかわいらしく見えてくるから不思議なんです。曲の雰囲気には全く合ってませんが。そして稽古の時はみんなそれなりの動き方だけど、河合くんや塚ちゃんは曲本番になるとスイッチの入り方が段違いですね。とっつーの本番のダンスがいつもよりかなりユルい気がしましたが、元気なのかな?

 

あと、何と言っても今回はアクロバット構成がすごく良かった!量もちょうどいい。「Take a ~」の最後の方で塚ちゃんがふみとつの膝に手をかけてクルッと回る技は、以前少クラで塚ちゃんがソロで「ありがとうのうた」をやった時に如恵留くんがやっていたものでしたね。如恵留くんの時は手の位置が慎太郎くんと佐久間くんの背中にありましたが、今回の塚ちゃんの場合は手の位置が膝なので回る時の高さが全く違って低いです。あの高さが塚ちゃんのベストなのかな?如恵留くんくらいの高さなら見栄えもするけど塚ちゃんの高さだとわりと地味な技に見えました。でも膝だと40cm(もない?)くらいの高さしかないのであの低い位置でも綺麗に回れる塚ちゃんの凄さが改めてわかります。そして最後の、塚ちゃんが五関さんを振り回し終わった後にはっしーが塚ちゃんの両足の間から顔を出して頬杖をつき(頭には塚ちゃんの衣装の羽)、その左右にはふみとつが座った状態で決めポーズをしながらイケメンを炸裂させる、という締め方がもう最高です!このクオリティを少クラでも保ってほしいんですけどね~。この構成はコンサートでもやるのかな?

 

ここ最近は良パフォーマンスが続いていますね。またしばらくはテレビでは少クラだけになるのかな。今年も早くも下半期に突入しましたし、もう少しすれば紅白の話題も出てくると思いますが、そろそろ出ませんかね、NHKさん?

とにかく、今回も満足いくパフォーマンスを観ることが出来て有難かったです。最近は生放送も多かったし、やっぱりもっと歌番組に出てほしいですね。