止まぬ独り言

ずっと茶の間の塚田担

20160831 モシモノふたり

未婚の男女がひとつ屋根の下で同居したら…というシチュエーションバラエティです。唐突に塚ちゃんが出るらしいということで賑やかになり、レギュラー以外のテレビは久しぶりだったので自分も楽しみにしていました。

同居のお相手ははるな愛さん。この番組は観たこともありませんでしたが、この組み合わせの場合は番組としてもちょっと変化球を狙ったということなのかな?

 

内容的には、塚ちゃんのアウト×デラックス密着回の味付けを少し濃くしたような感じで、あ~また新規ホイホイか、ぐらいで最初は笑いながら観ていたんですけど…。

何か、キスブサの時もそう思ってちょっと記事で書いた気がしますが、これはどういう需要で呼ばれたんですかね?まあ塚田担にもリア恋はいらっしゃるでしょうし、もっと売れるためにはそういう要素も必要だと思うのでそれなら理解できますが、あとは何でしょうね。ジャニーズ初?NGなし?にしては相手がアレだし、やっぱり新規の再呼び込みなんでしょうか。

 

個人的に良かったのは、ランニングをしている姿とトランポリンの練習風景が観れたこと、くらいかな?最後になるにつれてだんだんいろいろ虚しくなってきました。とりあえず箇条書きにすると、

 

・だから女子ドルを好きなのはプライベートでは構わないけれど、それを公式で売りポイントにして実際にどれくらい効果がありました?セールスで考えればライバルでしかないんだから、女子ドルファンという名目を頼りにして売りにする労力があるならもっと自分たち自身の魅力で何とかする努力をするべきだと思います。

 

・アクロバットにプライドを持ってほしい。子どもたちに安売りするのは全然いいけれど、あんなふうに軽くガヤの大人に見世物扱いされたことに自分は相当がっかりしました。傲慢になるのとプライドを持つのとは全く違いますが、「じゃあ一回100万円で」くらい言い放つ塚ちゃんが観たかったです。一瞬だったけど、あれは完全に死んだバク転でした。話は逸れますが、SLTコンサートでのバク転30回も、予定にないならやらなくてよかったんです。その場で観てもいない分際でナンですが、もし自分がそこにいたら「バカだな。思いつきでバク転の無駄遣いをするくらいなら初めから自分のソロコーナーをきちっと仕上げてこい」としか思わないと思います。マスコミ対策とか関係ない。

 

・グループ全体的にもですが、やっぱり「いい人」というのは考え物ですね。「いい人」はモテない。5月に萩本の大将とご一緒したNHKのラジオで、確か大将に「きちんとしすぎなんじゃないの?」みたいなことを言われていましたよね。塚ちゃんも、「いい人が見え隠れするアウト」じゃなくて、もう思い切って一旦全部アウトに振り切ってしまうとか、グループ的にも一回くそマジメを止めてみるとか、ファンはいろいろ思うかもしれませんが、いろいろ実験しなければ反応も得られないし学びもないのではという気もします。

 

という感じです。ていうか、終わってみればどこが同居だったのか、同居?のために持参した箱の中身もろくすっぽ見られず、もはや番組の趣旨とか吹っ飛んでいましたね。終わり方も雑だったし。しかし何だかよくわからないことだらけだったな~。大切なお仕事だからケチはつけたくないんだけど、塚ちゃんはどういう気持ちで出演したんだろう。こんな感想しか持てない自分がおかしいのかな。