止まぬ独り言

ずっと茶の間の塚田担

20161013 今日という日

今日は自分の誕生日でした。

 

早速、日付変更直後に塚ちゃんからフライデーというプレゼントを頂き、まさにこういうタイミングでヲタクの心にちょっとした彩りを添えてくれる塚ちゃんの凄さを改めて実感しました。

こういう機会もそうそうないので、記念として、簡単に自分が感じたこととして記事を書いておこうと思います。

 

① 女性アイドルファンを公言して何のメリットがあるのか自分は端から疑問にしか思っていませんでしたが、やっぱり得になることなんてありません。

 

② 誘われて仕方なくだったのかただの幹事役だったのか何なのか知りませんが、そういうことに時間を割けるならウェブ連載の更新頻度だってもっと上げていいはず。ひと言でいいから今思っていること、考えていることを溜めていないでもっと聞かせてほしい。そういう点でははっしーはエライと思います。

 

③ 「やましいことはない」も正義ではあるけれど、それと「他人がどう思うか」ということは全く別の話。事実は関係ない。

 

④ 好きでしていることとはいえ、汗水流して働きながら貴重なお金を使ってくれる人のことを忘れないでほしい。世の中の大半の人は塚ちゃんよりも大変な思いをして仕事をしていると思います。

 

⑤ 酒の飲み方くらいちゃんと覚えたらどうだろう。下戸なら下戸なりの飲み方楽しみ方があります。何気に一番情けないと思ったのがコレかな。

 

 

あと、ここからは不快に思われる方が必ずいらっしゃると思いますが書いておこうと思います。

 

はしつかコンビ。最近特に仲が良いと言われているふたり。もちろん同じグループのメンバーですし仲が良いに越したことはありません。実際にふたりがどういう感じで仲が良いのかは窺い知れませんが、自分はその関係性について、果たしてそれがいい方向に作用しているのかちょっとした懸念を抱いていました。タイプでいえばまるで正反対ですが、きっと今の時点で互いにないものに魅力を感じるから一緒にいるのでしょう。でもそれが必ずしもそれぞれに必要なものとはかぎりません。本当に何となくなのですが、どうもふたりの悪い面というか人としての幼さが双方に影響してそれに拍車がかかっているのではないかという気がします。はっしーの件があってから、メンバーの関係性はどんな感じなんだろうと思っているうちに「最近はしつかがアツい」みたいな雰囲気になって、ああ、塚ちゃんがちゃんとはっしーのことを見てくれているんだなとひと安心しているこの時に今度は塚ちゃんだったので、今回のことに絡めて書くのは良くないことかもしれませんが、自分としては気になる案件ではあります。どうか誤解のないよう受け取って下さると有難いです。

 

 

 

ということで、塚ちゃんには、

上段回し蹴りを10発ほど受け取ってほしい気分です。焼き土下座よりキツイですよ。