止まぬ独り言

ずっと茶の間の塚田担

20161031 ハロウィン音楽祭 2016

9月のMステウルトラFESから1ヶ月ちょっと経過してから再びの音楽番組です。それしか時間が経っていないのに何だかえらく昔のことのように感じます。ジャニオタをやっていると、ジャニーズ全体の動向を追っているだけでもいろいろあり過ぎるので、振り返ってみるとほんの少し前のことなのにもうだいぶ時間が経ったような不思議な感覚になることがあります。Mステの時は全体的に不満の声が多かったようですが、今回は評判が良かったようですね。しかも今回は夜の7時台からというこれ以上ない環境でした。

ということで(?)、自分の感想を書いておきます。

 

・衣装

ハロウィン音楽祭なので出演者は仮装で歌うという仕様でした。A.B.C-Zは忍者の仮装!塚ちゃんとごっちのフェイスペイントでハットリくんかなという雰囲気はわかりましたが…忍者の前にもっとやるべき仮装があるでしょうよ!何でドラゴンボールにしなかったの!あんなに普段からネタにしてるのに~。塚ちゃんの背中に塚の字があることでかろうじてドラゴンボール要素はありましたけどね(まあたぶんそういうつもりじゃないんでしょうけれど)。あと、メンバーカラ―にしてしまうとどうしても子供っぽくなってしまうのが難点ですね。かといって、黒とかだとインパクトに欠けるし、衣装っていつも難しいですね。あ、それから関係ないですけど、今回のMyojoの塚宮の連載も忍者特集でしたね。あの連載はいつもすごく楽しみにしていますが、今月のは特に良かったな~。宮っちが「銀魂」の忍者の話に触発されたらしいのですが、その話(たぶん将軍暗殺篇のことだと思うんだけど違うかな?)は自分も大好き(というか全蔵くんが大好き)なのでさすが宮っちだと思いました。

 

・曲

「Za ABC ~5stars~」と「Fly a Flag」でした。Za ABCはいいとして、この時間帯のお茶の間がターゲットということになると、FaFはどうなのかな~と思いました。ファン人気の高い曲だからというのもわかりますが、ひたすら真面目に踊っているだけの画はつまらないしもっと楽しい感じの「メクルメク」とか「今日もグッジョブ!!!」とか、ハロウィンなんだし、楽しい×楽しいの2曲でよかったのではないでしょうか。もっと言えば、あの衣装で、もし持ち歌でなくてもいいということだったら、それこそ「日本よいとこ摩訶不思議」が観たかったな。あれこそA.B.C-Zがカバーするべき曲!

 

・パフォーマンス

まずアクロバットツイッターで急にアクロバットがすごいすごい!塚ちゃんのアクロバットも今日はいつもよりすごい!とみなさんが急に言い出してびっくりしたんですけど、確かにいつもより丁寧にやっている感じはしましたが、自分には全くの通常営業にしか見えませんでした。塚ちゃんも痩せたからといって跳躍が軽くなったという印象はなく、むしろ痩せたのにいつものような適度な重さを残したしっかりしたアクロバットだなと思いました。バック転なんかは回転が速い時はもっと速いですし。あとは、ここで塚五大車輪をやっていたらな~!ということくらいかな。

ビジュアルもみんな良かったですね。とっつーも久しぶりの短髪。河合くんはこの痩せ具合いと短髪とスタイリングのせいかもしれませんが、かなり老けて見えたのは気のせいでしょうか。みんな舞台仕様で痩せていったのはわかりますが、塚ちゃんはその前から身体を絞っていたようですし、髪の毛もたぶん伸ばしたままなんだろうし(カットしていたとしてもほんのちょっとだろうし)、でも年明けからまた舞台だし、しばらくこのままの状態でいるつもりなのでしょうか。塚ちゃんに限っては次の仕事が気になるので身体状態だけは妙にチェックしたくなります。

でも何となく、みんな緊張していたのか、曲目のせいか、表情にあまり変化がなくて、ちょっと硬かったというかいまひとつ元気がなかったように思います。こういうことを考えてもやっぱりもっと選曲をしっかりした方がよかったのかなと感じます。お茶の間からしたら真顔でいられるよりも笑顔の方が親近感が持てますから。

 

 

という感じです。もっともっと歌番組にガンガン出てほしい。

来月はSLTコンサートDVDが発売されますが、早ければ年明けには次のシングルCDもしくはDVDが発売されるでしょう。こちらもしっかりと準備しつつ、とりあえず地方の茶の間の年内としては、SLTのDVD、歌番組はFNSとかカウコンとかを楽しみにして生きようと思います。

 

何か思い出したらまた追記します。