読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

止まぬ独り言

ずっと茶の間の塚田担

2017年のA.B.C-Zへ

昨年のこの記事はものすごく大雑把に外的なことしか書かなかったので、今回はもう少し内側に視点を移して書きます。

 

舞台と音楽活動のバランス

昨年は個人の舞台仕事が充実していたようで(今年もそうなるのかな?)、それはそれでいいことなのですが、一方音楽仕事に目を向けてみると惨憺たるものでした。「Take a "5"Train」は曲もMVもあんなに素晴らしいのにほとんど販促されませんでした。アルバムの「ABC STAR LINE」を聴いてみても雑で魅力的な要素が特に見い出せず、じゃあコンサートはどんな感じかとSLTのDVDを観れば、みんな一生懸命なのは伝わったけれど、構成やステージング等決して満足した良かったとは言い難い内容でした。コンサートでの注意事項の映像も舞台絡みのもので、観に行けなかったファンへの配慮だったのかもしれませんが、「舞台とは別の仕事なのに頭の切り替えが全く出来ていない」という印象しか持てませんでした。A.B.C-Zの場合はいろいろなことを河合くんが担っているので、河合くんが演技仕事にかなり没頭していた分、あのコンサートではA.B.C-Zの不器用さがかなり浮き彫りになったと思わせられました。最近ではメンバーが至る所で「自分たちは不器用なので」と発言しています。別に開き直っているとは思いませんが、そうかといって不器用が必ずしも誠実とはかぎりませんし、現にコンサートに関しては自分も含めて不満の意見を多く見かけました。特に河合くんのことを考えると、「誰が欠けても成り立たない」からこそ「誰が欠けてもカバー出来る」柔軟性(コミュニケーション)が必要だなと思います。

 

発信力

これが弱いばかりに、伝える手段を活用出来ず伝えたいことも伝わらない、損をしているなと思うことが本当に多いです。具体的にはやっぱりJwebでしょうか。連載については特にふみつかはネタ縛りがあるので更新しづらいというのもあるかもしれませんが、橋戸五みたいにフリーに書ける内容ならばいつでも更新可能ですよね。受け取る側にもいろいろタイプはありますが、基本的には「今のあなたを知りたい」「今あのことについてどう思っているのか」というのがファンの常なる思いだと思うので、ファンを家族とか仲間とか言うならそこで人見知りせず、反応を気にせず、どんどん気持ちや考えをぶつけてほしいです。CDやDVDの販促も、レコード会社のというよりは5人の「売りたい気持ち」がなかなか伝わってこないなと思います。地方に住んでいるとせっかくのテレビやラジオ出演でも観れない聴けない場合が多々あります。本当に現場に行きたくても行けない観たくても観れない聴きたくても聴けないファンのためにという意味でも、ましてやJwebなんかはせっかく有料なのだから、与えられたコミュニケーション方法を無駄にしないでほしいです。

 

馬鹿正直も善し悪し

グループ全体的に、自分を良く見せることをせずわりとありのままを晒してくれるのも好感は持てますが、それは身内やファンなら汲み取ることが出来るという話で、何も知らない人たちが見れば逆に印象が悪くなるということもあると思うのです。嘘も方便というか、時と場合によってはあえて万人受けに徹することも、受け取る人によってはそれが好印象のきっかけになることもあると思います。

 

 ・はっしーには年男!ということを利用していろいろチャレンジしてほしいです。思っていることがあるなら存分に兄組にぶつければいいし、経験することが多ければ多いほどそこから学んでいける人だと思います。頼りにしてるよ。ファッション誌なんかにバンバン載ったらいいんじゃないかな。若さを上手く使おう。

とっつー。「Reboot!!!」って、はっしーもそうですけど、気合いを放出させる雰囲気がとっつーにも合っている曲だと思います。カッコいいと言われることに自信を持って楽しんでほしいです。あと、少し前の「今夜はJ's倶楽部 」での一問一答を聴いて、とっつーの受け答えのテンポと言葉の使い方が小気味良く瞬発力があって印象的でした。とっつーの書く文章はとても不思議で、混沌とし過ぎて読む気も失せるものもあれば、実に素直な文面で気持ち良く読めるものもあって、要はムラがあるということにもなりますが、それが面白くもあるのでまたどこかでちゃんとした連載をしてくれることを期待しています。春からの久しぶりの外部の演技仕事もありますし、いろいろチャンスが広がればいいですね。

・今年ははしとつにグループを牽引してほしいのは第一なのですが、同時に河合くんには絶対にどこかで報われてほしいです。昨年のこの記事で、落語の世界に触れてみてはどうかと書きましたが、最近の雑誌などでどうやら落語に本格的に興味が湧いたような記述があったので楽しみにしています。粋な笑いで河合くんの実力に磨きをかけてほしい!あと、なぜか河合くんに主婦の要素を求めてしまう自分としては、やっぱり料理洗濯掃除をしている姿が見たい。スーパーでの買い物に密着する映像とか、家計簿も見たい。5周年に際しての河合くんのアイデアもたくさん聞きたいです。

五関さんはグループ外の振り付けをしたり外部の舞台にいつのまにか出演が決まっていたり、何だかんだ言って目立たなくとも充実していますよね。「Reboot!!!」のあのダンスフォーメーションが素晴らしいので、五関さんの引き出しに限界はないんだなと改めて思っています。それから昨年はグループでのラジオのレギュラー番組が一気に増えました。河合くんはそれ以外の番組にピンで出演することもあリますが、五関さんにもぜひピンのラジオ仕事で日常生活のこととかを毒素満載で話したりしてほしい。

塚ちゃんは特になし。忙しさに負けるような人ではないと思っているので自分は何も心配はしていません。常勝思考で頼みますよ。もしもどうしようもなくなったらいつでも元気玉あげますから。

 

・ABChanZoo以外で全国放送でもレギュラー番組があればいいな。 茶の間だから言うわけではありませんが、舞台だけではなくやっぱりテレビでも輝けるグループになってもらいたいです。

 

あとは、

 

怪我・病気・不祥事、今年こそありませんように!