止まぬ独り言

ずっと茶の間の塚田担

深夜に呟く 8

上手いことや素敵なことを言う塚ちゃんに対する自分の気持ち。

 

・さすがオレの塚田

・でもな、「言ったこと」より「やったこと」で勝負するのが男ってモンだろ

 

上手いことを言われるのは単純に気持ちがいい。ただ、ギレン総帥のように演説の上手い人も尊敬するけど、何だかんだで自分の仕事をきっちり目に見える形で残せる田中角栄のカリスマには勝てないんだよな~。

 

という、結局真顔になるしかないような気持ち。

 

思い返せば自分が塚ちゃんにものすごく心を動かされる時というのは、名言至言二枚目の類の言葉を聞いた時ではなく、例えば最近だと「ありがとうのうた」のパフォーマンスの時とか体力勝負のテレビ番組の時。まさに「やったこと」の時です。有言でなくても、背中で見せてくれることがうれしいんだと思います。

結局、取り繕える言葉よりも、その姿がどんなに最高にカッコよくてもどんなに無様でも、イカサマ出来ないやり方ですべてを伝えてくれる塚ちゃんが好きだコノヤロー。

 

どうせなら、言う二枚目よりやる二枚目。