読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

止まぬ独り言

ずっと茶の間の塚田担

A.B.C-Z ファースト写真集「五つ星」

ニューアルバム発売しますね!

 

さて、もう今更のことになってしまうのかな、写真集のことは。

とっつーが「ダ・ヴィンチ」に連載をしていたので、写真集を出すならとっつーのフォトエッセイのようなものがいいかもと思っていましたが、意外と写真集そのものの希望が早々に実現したので、発売のお知らせを耳にした時は少し面喰いました。何かもう5周年にかこつけてこの際やることはやってしまおうという勢いもあったように思います。

 

内容その他についての感想を軽くまとめておきます。

 

・全体的には「キレイに撮りましたね」くらいしか印象がない。

・似たようなショットが多すぎる。

・「七変化感」が足りない。河合くんの髭とかとっつーの女装なんかは工夫が垣間見えた感じでよかったと思います。でももっとコスプレしてほしかったし、その分を裸体でカバーしたのかもしれませんが、「脱ぐ」という発想が単純過ぎたかなとも思いました。ただし、塚ちゃんのケツは塚田アクロバットを支える要なので、それは拝見出来てよかったです。

・「台湾感」も足りない。台湾の背景があるから台湾なんだということがわかるだけで、台湾で撮った意味があまりないように思います。

・塚ちゃんの写真。自分はMyojoの塚宮の連載のショットがいつも大好きで、特にサバゲー体験の回で塚ちゃんが倒立しながら銃を撃つ写真がベストショットだし、先日塚ちゃんが載ったTarzanの写真も素晴らしかったです。ああいう塚ちゃんならではの躍動感のあるものが見たかったです。

・とはいえ、記念になるものですから、美しい作品に仕上がっていることに越したことはありません。

 ・今回のセールスについて。自分はそれほど気にしていませんでしたが、世間の指標とされるオリコンの数字があのままで終わってしまうことが残念だし、何よりも、あんなアホな記事が配信されることで一瞬でもグループのイメージをガタ落ちさせたこと、ファンの気持ちを一瞬でも不安にさせたことが実に腹立たしいです。グループが何か売ろうとする度に隙が多すぎて、マーケティングの下手くそっぷりにも毎度呆れるし、必死に数字を気にするファンが馬鹿をみるようなやり方にもうんざりです。

 

というわけでほぼダメ出しでしたが、塚ちゃんのケツを拝める貴重な媒体として、この写真集は間違いなく自分の宝物になると思います。ありがとうございました。