止まぬ独り言

ずっと茶の間の塚田担

20180209 ダウンタウンなう 本音でハシゴ酒

久っっっっっっっっっっっし振りに地上波の塚ちゃんを観ました。

そしてああいう空回りの塚ちゃんを観たのもすごく久しぶりだなと思いました。まさにあの姿が塚田ブレイクの原点なわけですが、それでも三年前のアウト×デラックスよりも語られるエピソードのクズ度が高くなっているのはアレですが、それ以上に塚ちゃん自身があの時とは見た目も全く違うし、弄られながらも余裕があったし、自分としてはあの頃より大きくなった塚田が観れたかなと思っています。自己紹介もしたし、運動神経の良さも伝わったし、ここでもう一度あらゆる角度から世間の興味関心を拾えればいいですね。あ、あとは、自分は塚ちゃんの人間性については基本的にあまり期待していない(自分と多少似ているところもあったりするのと、人間性がクズでもそれ以上に「仕事がデキれば」それで構わないと思う派なので)のですが、自分も含めてやっぱりクズ人間ほど異性に対する理想が高いなということを再認識しました笑。

 

まあ塚ちゃん個人だけの話ならコレだけで済みます。でもグループとしての伸び悩みについての話題は、いくら松ちゃん浜ちゃん相手とはいえ、ああやって他のグループと比較されて公衆の面前で頑張れよとか言われるのはそろそろキツくなってきたような気がします。塚ちゃん個人ならまだしもグループごと下げる崖っぷちの逆張り商法を今もなお続けていることそのものが、グループとしての自立の妨げになっているような気がします。「どうしたらいいんですか」なんて他人に聞いても答えなんか出ません。

売れるということにもいろいろな形があります。どんなグループでありたいのか、今の五人には固めづらいテーマでも、ひとりひとりが模索しながら個性を強調出来るように努力していくことでより存在感のあるグループになれると思いますし、メンバーがメンバーに依存せず誰が先頭に立っても引っ張っていけるグループになってほしいと思います。